鹿児島を代表するお菓子といえば、かるかんやしろくま、あくまきにボンタンアメ――全国的な知名度が比較的あるとすれば、やはりそのあたりでしょうか。でも、それだけではありません。全国的には知られていなくても、おいしいお菓子
※現在、通りを挟んだ正面に移転しています。 かつては町内外からの買い物客でにぎわっていたという旧高山町(肝付町高山地区)のメインストリート。それが今ではすっかり廃れてしまい、日中でも人通りはまばらなほどです。 &nb
日本、というより自分が生まれ育った田舎に戻ってきてはや6年。この間、何度も何度も聞かされたセリフがあります。   「ここには何もない」   県外や海外からやってきた友人を紹介すると &n
肝付町で活動している少年サッカークラブ、S.S. Advance(S.S.アドバンス)の今年初めての練習、初蹴りが1月4日、肝付町後田にある専用グラウンドで行われました。  
マンゴーといえば宮崎や沖縄が全国的には知られていますが、鹿児島だって負けてはいません。県のウェブサイトによると、鹿児島は栽培面積と生産量ともに全国第三位、県内各地で栽培されています。肝付町のある大隅半島でも大崎町などで盛
自然に恵まれ、緑豊かな肝付町で目につくものといえば、ひとつには竹林があります。毎年春になると「雨後のタケノコ」といわれるとおり、町中のいたるところに生えてきて、農家の人たちにすれば「厄介者」と扱われることもありますが、一
私の人生で忘れ得ぬ方に、郷土の先輩・元自由民主党副総裁で官房長官や建設大臣、科学技術庁長官など自民党の数々の要職を歴任され、一時は首相候補にも名前が挙がった二階堂進先生がおられる。   40年前の197
肝付町にある山間の集落、川上地区でユニークな地域活性化活動を続けている芸術家カップル、JOUさんと松本充昭さんが今度は「竹灯篭(たけどうろう)をつくろう+夕暮れ時キャンドルナイト」と題する新しいイベントを冷え込みが厳
※2016年現在、チーズケーキ専門店となり、ケーキの販売のみとなっています。 ドアを開けると、フレンチスタイルのインテリアで統一された店内にはゆったりとしたボサノバが流れ、ついつい長居したくなりそうなリラックスし
「いけんしたち、もう90歳じゃっでなぁ(どうしたって、もう90歳だからねぇ)」――まるで寝言のようにそう繰り返す割にはいたって元気なのが、肝付町波見(はみ)に住む東セツさん。今回の「われら、きもつき人」の主人公です。
英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2016.08.08
月曜日
肝付産の食材を扱う直売所が8月11日、新富地区の商店街にオープンします。 詳しくはこちらへ。
2015.05.14
木曜日
高山グラウンドゴルフ協会では、新規メンバーを随時募集しています。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。