美しい山や海など豊かな自然に囲まれた肝付町――このコーナーではそんなきもつきの魅力をビジュアルでたっぷりご覧ください。
フォトレポート
波野の彼岸花
2017.09.26(火曜日)     きもつき情報局
9月のこの時期に、ひときわ目を引く花といえば彼岸花。

20170925_higanbanaaka.jpg
定番の赤い彼岸花

これまで、きもつき情報局では、肝付町の川上地区を中心に撮影してきましたが、今年は緑のふるさと協力隊のaikoさんがブログや、やまびこ館のFacebookで彼岸花情報を発信してくれているので、取材の際にちらほらと彼岸花の姿を見かけた波野地区へと足を運んでみました。

波野地区は肝属川下流の広々とした水田地帯。しかし、整備が進んでいるためか、昔からあぜ道に植えられていた彼岸花の数は田んぼの面積の割に少ないようです。

それでも、県道沿いを中心に畦や土手に鮮やかな花が列をなしています。なかでも多かったのは、平後園の辺り(特に波野・小中学校付近)。畑の脇にたくさんのピンク色の彼岸花を植えていた住民の方によると、「ここ10年くらい、植える人が増えた」とのことでした。この秋もまた植え付けをしたそうです。

20170925_higanbanahatake.jpg
畑をぐるりと囲むピンク色の群生

今回の撮影は9月25日。波野地区の彼岸花の見頃は今週いっぱいくらいでしょうか。県道539号沿いはもちろん、波野小・中学校の横を通る道やその奥の通りもおすすめです。

20170925_higanbanadouro.jpg
県道539号沿い

20170925_higanbanaie.jpg
紅白の列

20170925_higanbanahimawarito.jpg
小さなヒマワリと

20170925_higanbanairoiro.jpg
三色混合!

20170925_higanbananaminochu.jpg
波野中学校の裏手から

20170925_higanbanapinku.jpg
今が盛りのピンク色の花

20170925_yamatohiganbana.jpg
山を背景に列をなす

20170925_higanbatocho.jpg
2匹のキアゲハと

関連する記事

関連する記事
肝付町の川上地区・岩屋では、地域のみなさんが毎年彼岸花を植え

秋の彼岸のころに咲くヒガンバナ。昔からモグラ避けなどのために

いったんもめん。有名漫画家のおかげで、全国的に知られるように

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2017.11.30
木曜日
国見の竹灯篭祭り「Tanochiku(楽竹)Night」が12月23日(土)に開催されます。 詳しくはこちらへ。
2017.10.20
金曜日
10月21日(土)に開催予定の高山やぶさめ花火大会が11月4日(土)に延期となりました。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。