美しい山や海など豊かな自然に囲まれた肝付町――このコーナーではそんなきもつきの魅力をビジュアルでたっぷりご覧ください。
フォトレポート
きもつきの棒・鎌踊り2016
2016.04.04(月曜日)     きもつき情報局
五穀豊穣を願う肝付町の棒・鎌踊りが3月13日に野崎地区、20日に波見地区と宮下地区で行われました。

棒・鎌踊りは南九州地区で盛んに行われており、農民などの自衛術を踊りで表現したものともされ、その起源は戦国時代にあるという説もあります。

肝付町の踊りは子どもから大人まで色鮮やかな衣装に身を包みます。独特のリズムの唄に合わせて棒や鎌を振り舞う、春の訪れを告げる伝統行事です。

今回は3つの地区で行われた棒・鎌踊りの様子をまとめてフォトレポートで紹介します。

【野崎地区】

2016bouodori1.jpg
 地区内の伊勢神社に奉納する野崎地区の鎌踊り。
3つの集落が参加しました。こちらは和田集落です。
 
2016bouodori2.jpg
水窪集落。
 
2016bouodori3.jpg
津曲集落。

【波見地区】
 
2016bouodori4.jpg
波見地区の棒・鎌踊りには波見、荒瀬、平後園3つの集落が参加し
住吉神社に奉納します。こちらは荒瀬集落。

2016bouodori5.jpg
 波見集落は棒踊りを奉納します。

2016bouodori6.jpg
平後園集落の鎌踊り。古式にならい、わらじを履いて舞います。

【宮下地区】

2016bouodori7.jpg
 宮下地区の棒踊りは桜迫神社に奉納されます。
成人男性のみで行われることが特徴です。
 
2016bouodori8.jpg
宮下地区の棒踊りでは鉤引きも合わせて行われます。

2016bouodori9.jpg
 名物の田の神舞。ユニークな舞と鹿児島弁での口上で笑いを誘います。

関連する記事

関連する記事
豊年豊作を願うため、肝付町で今なお続けられている棒踊りや鎌踊

3月に入ってからきもつき各地で行われている棒・鎌踊り。その最

毎年春になると肝付町の3つの地域では、豊年豊作を願って棒や鎌

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2017.08.05
土曜日
春陽会中央病院で「わくわく病院 お仕事 探検隊」の参加者を募集しています。
詳しくはこちらへ。
2017.08.04
金曜日
高山漁協の朝どれ市の開催は、8月・9月、中止となりました。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。