美しい山や海など豊かな自然に囲まれた肝付町――このコーナーではそんなきもつきの魅力をビジュアルでたっぷりご覧ください。
初めての方へ
「きもつき」についての若干の説明
2012.09.01(土曜日)     きもつき情報局
みなさん、こんにちは。
 
このきもつき情報局は、鹿児島県肝属郡(きもつきぐん)肝付町(きもつきちょう)の魅力を全国のみなさまにお伝えするためにつくられた地域メディアです。
 
といっても、肝付町がどこにあるのか、そこから説明しないと先に進めませんよね。
 
まずは、そのあたりから始めていきましょう。
 
下の地図に示されているのが鹿児島県で左側が薩摩半島、右側が大隅半島です。肝付町はその大隅半島のほぼ中央から東海岸にかけての領域を占めており、南東部に国見山系が広がる一方、東側には太平洋に面した長い海岸線があり、美しい海岸がいくつか並んでいます。
 
人口は約1万7千人で、高齢者が多く、若者が少なく、農業や漁業などが主体の典型的な田舎町のひとつといえます。
 
 
まぎらわしいことに、きもつきには肝属肝付の二つの漢字があって、最初は郡名や川と平野の名前(肝属川、肝属平野)などに使われ、そして後者が町名および昔この地を治めていた肝付氏の家名となります。どちらも「きもつき」と読みますので、ややこしいですよね。
 
※ちなみに、漢字表記でいけば、肝付町のある大隅半島についても、パソコンなどで「おおすみ」と入力すると「大隈」と出てくることがよくあります。正しくは「大いなる隅っこ=大隅」ですので、覚えておいてくださいね。
 
さらに詳しいことは町役場のウェブサイトでご確認ください。
 
 
 
 

関連する記事

関連する記事
英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2017.11.30
木曜日
国見の竹灯篭祭り「Tanochiku(楽竹)Night」が12月23日(土)に開催されます。 詳しくはこちらへ。
2017.10.20
金曜日
10月21日(土)に開催予定の高山やぶさめ花火大会が11月4日(土)に延期となりました。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。