本コーナーではコラムをはじめとして、きもつきを題材としたさまざまな読み物を用意しました。どうぞじっくり、ゆったりお楽しみください。
スタッフブログ
カニさん、ごめんなさい!
2012.09.21(金曜日)     きもつき情報局
実は、謝らなければならないことがあります。
 
またぁ、なにしでかしたの?
 
って聞かれそうなので、正直に告白すると、
 
実は、先日、せっかく「生け捕り」したカニさんを死なせてしまったのです。
 
 
 
カニ?
 
ええ、そうなんです。カニを死なせてしまったのです。
 
 
 
そのカニ、こちらでは「ヤマタロウガネ」という、けっこうデカイ、食用のカニです。先週末の情報化推進ウィークの最終日に川上地区の人たちが用意してくれた料理の中にこのヤマタロウガネが入っていて、久しぶりにそれを食べたのでした。
 
いえ、生け捕りしたのは、そのときではありません。その次の日の夜、その川上地区に引っ越してきた知人の家でちょっとしたパーティがあり、そこで出会ったのが、今回死なせてしまったヤマタロウガネ君でした。
 
 
どこで出会ったのかというと、川上の公民館の駐車場でした。
 
夜でしたのでヘッドライトをつけて駐車場に入ろうとすると、目の前に何やらでかい生きものが駐車場のほぼ真ん中に居座っているのが見えました。
 
なんじゃ、これ?
 
近づいてみると、なんと、でっかいヤマタロウガネです。
 
前日にヤマタロウガネを食べたばかりですから、川上はヤマタロウガネがとれるところだとはわかりましたが、まさか、公民館の駐車場のあたりをウロウロしているのを発見できるほど、たくさんいるとは思いもしませんでした。
 
珍しいので早速、写真に収めることにしました。
 
警戒してか、すぐにファイティングポーズになるヤマタロウガネ君。かっこいいです。
 
crab1.jpg
そのうち、なんだかもったいなくなって捕まえることにしました。まずは車の中からタオルを取り出し、ヤマタロウガネがそのタオルをハサミではさんでくれないかと思ったのですが――つまり、タオルで釣り上げようとしたわけですが――敵もさるもの、なかなか誘いには乗ってくれません。
 
なので、そのタオルでもってつかみあげることにしました。
 
でも、それがなかなか難しいんですよね。なにせ大きなハサミを二つももっている生きものですから、はさまれたらえらいことになると思い、ちょっぴりへっぴり腰にならざるをえません。
 
しばらく格闘した後、ようやくつかまえることに成功したのでした。
 
 
 
 
早速、パーティ会場に行ってみんなに自慢すると、川上のヤマタロウガネとりの名人といわれるOさんが、ちょっとがっかりするようなことを口にしました。
 
「あっ、それね。それはね、わたしが捕まえたヤマタロウガネのうちの一匹が逃げてしまって、その逃げたやつだよ」
 
なーんだ、川上ではヤマタロウガネが多く生息していて、公民館の駐車場あたりでも見かけられると思っていたのに......そこまでたくさんはいないみたいですね。ちょっとがっかり。
 
crab2.jpg
 
ま、それはともかく、パーティが終わり家に戻ってからバケツに水を入れ、その中に捕まえたヤマタロウガネ君を入れることにしました。やっぱ、水がないとダメだろう、と思ってのことです。
 
でも、あとでそのOさんの奥さんに聞いたところ、「そりゃ死ぬよ。水が多いとヤマタロウガネは息ができなくなって窒息死しちゃう」のだそうです。
 
ああ、あんなに立派な君だったのに......自分の不注意というか不勉強で君を死なせてしまってごめんなさい!
 
というわけで自分のせいであの世にいってしまったヤマタロウガネ君。わが家の畑の片隅で穴を掘り、丁重に埋葬したのでした。
 
以後、気をつけますので安らかにお眠りください。
 
(^0^)
 

関連する記事

関連する記事
英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2016.08.08
月曜日
肝付産の食材を扱う直売所が8月11日、新富地区の商店街にオープンします。 詳しくはこちらへ。
2015.05.14
木曜日
高山グラウンドゴルフ協会では、新規メンバーを随時募集しています。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。