本コーナーではコラムをはじめとして、きもつきを題材としたさまざまな読み物を用意しました。どうぞじっくり、ゆったりお楽しみください。
スタッフブログ
雨にも負けない常連さんたち
2015.07.02(木曜日)     きもつき情報局
連日雨の今日このごろ。

なかなか外出する気分にもなれず、家に引きこもっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、肝付町には雨にも負けず、元気に外出する人たちがいます。

行く先は、ここ、きもつき情報局を運営するNPOの事務所内にある「ITふれあいカフェ あえる@きもつき」です。

「ITふれあいカフェ」は飲食するカフェではなく、パソコンやタブレット端末などの使い方についてスタッフに質問したり、自主学習したりすることができるオープンスペースとして、昨年10月に開設されました(利用時間等はこちら)。

20150702_hureaiyobi.jpg
カフェスペースではスタッフが季節に合わせた飾り付けを密かにしています

突発的な機器の不具合で駆け込み利用する人もいれば、地域での活動のためにパソコンの使い方を覚えたい、趣味のためにアプリの使い方を覚えたいと通う人たちもいます。

なかでも、とりわけ元気に常連として通っているのが、昨年度、65歳以上を対象に開催した「ハイカラじぃ・ばぁのあいぱっど講座」(肝付町地域包括支援センターの介護予防事業として当NPOが受託)の受講をきっかけに、スマホやタブレットを新たに購入したみなさんです。

スマホやタブレットを持って来ては「ここの使い方がわからない」「これをしたいのだけど」とスタッフに相談していきます。

年齢的には高齢者に該当するのですが、まるで女子高校生のようにきゃっきゃっと笑い転げながら最新機器と向き合っています。

実際に、新しいものに触れて好奇心を刺激され、若返っているのではないでしょうか。

20150702_hureai1.jpg
仲間と一緒に利用中のみなさん

様子を見ていると、LINEやFacebookを使って家族や友人とやり取りするのを本当に楽しんでいるのが感じられますし、「世界が広がった」「一人でいてもさびしくない」といった声も聞かれます。

「サロン(町内各地で立ち上げられている高齢者を中心とした交流の場)で写真を撮って見せたらとても喜んで、自分も撮ってほしい、見せてほしいと言われました」と成果を報告してくれた人もいます。

日常生活に、どんどんIT機器が浸透していっているようです。

IT機器に対し苦手意識のある高齢者も多いようですが、こうして同世代の人たちが使う様子を目にすれば、自分も使えるかも、と思えるようになるかもしれません。

これからも、どんどん「ITふれあいカフェ」を活用して、ステップアップし、IT生活を楽しんでもらいたいものです。

ちなみに、今度は40歳以上を対象とした講座を開催する予定です。

関連する記事

関連する記事
10月から当NPO法人きもつき情報化推進センターのスタッフと

ITふれあいカフェとは、一般的な飲食物を提供するカフェでは

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2016.08.08
月曜日
肝付産の食材を扱う直売所が8月11日、新富地区の商店街にオープンします。 詳しくはこちらへ。
2015.05.14
木曜日
高山グラウンドゴルフ協会では、新規メンバーを随時募集しています。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。