本コーナーではコラムをはじめとして、きもつきを題材としたさまざまな読み物を用意しました。どうぞじっくり、ゆったりお楽しみください。
スタッフブログ
ロケハンと山道と事務所の車
2013.03.07(木曜日)     きもつき情報局
少しずつ暖かくなってくるにつれて、ロケハン(ロケーション・ハンティング=撮影場所の下見)に行く機会が増えてきています。
 
ついこの間も、めずらしいヤマザクラが咲き始めたとの情報を受け、その景勝地を探しに、内之浦地区で活魚料理店を経営する田中弘幸さんの案内で、国見山中を走り回りました。
 
田中さんは、以前当サイトで紹介した長野観音の取材の折にも、お世話になった方です。その長野観音までの道は舗装がされていない険しい山道で、わだちも深く、ときおり車が激しく揺れます。
 
20130307blog4.jpg
長野観音に行く途中の山道
 
本当に素晴らしい景観や史跡を見るのはやはり一筋縄ではいかないのか――そう思ったものです。
 
幸い、その時は自分の車(軽の四輪駆動車)で行ったので、乗り心地の悪さを除けば、故障することもなく無事に目的地に到着することができました。
 
ところが、今回は事情が異なりました。ヤマザクラを見るといっても、まさか長野観音ほどの悪路ではないだろう。普通車で十分――と、たかをくくっていたため、自分の車ではなく事務所の車(普通の小型車)で田中さんとの待ち合わせ場所に向かうことにしたのです。
 
高山地区と内之浦地区を結ぶ国見トンネルを出たすぐ近くの内之浦側にある駐車場が待ち合わせ場所です。駐車場に車をとめて外に出てみると、真っ青に澄み切った空とその空に向かって伸びる緑の山々が視界に飛び込んできます。
 
これ以上ないというくらいにすばらしい天気です。
 
20130307blog3.jpg
こちらが待ち合わせ場所の駐車場
 
すでに田中さんは到着していました。
 
あいさつもそこそこに、田中さんは目を丸くして開口一番、「今日は、この間の車で来なかったのですか」とたずねてきました。えっ?と思うと同時にその質問の意味をすぐに理解できました。
 
そうなんです。この日の目的地へ行くためには、細いでこぼこ道を通っていかなければならないのです。
 
といって田中さんの車に同乗することもできません。田中さんの乗ってきた車が軽のライトバンだったからです。仕方がないので事務所の車で行くことになりました。
 
舗装された箇所はほんのわずかで、すぐに道を折れて未舗装の道に入ります。少々年季の入った事務所の車にとっては、これが山道デビューです(だと思うんですけど......)。
 
初めは穏やかな道だったのですが、次第にでこぼこが目立つようになります。そこそこ大きな石ころもそこらじゅうに転がっています。段差を乗り越えるたびに車の底を「ギーギー」とすったり、「ゴン」と打ちつけたりします。こんなに緊張して、慎重に運転したのは、仮免許で初めて一般道を運転して以来でしょうか。
 
そんな運転を見かねて田中さんが山道を走るコツを教えてくれました。
 
「だいたい山道というのは車両一台分ほどの道幅なので、中央を走らないで、左右どちらかに車を寄せて進んでいくことが大事なんです。そうすればわだちにはまらずに、ある程度の縦揺れが抑えられます」
 
なるほど、そうですよね。
 
また、大きな段差を越えるときは、車を段に対してななめに侵入させることなど、その場でレクチャーしてくれました。
 
この運転方法をマスターしたことで、車が大きく傷つくこともなく、約3キロの山道を走り切り、なんとか目的地に到着しました。
 
だれが見ても明らかに山道とは縁のなさそうな事務所の車ですが、こんな悪路でも運転法さえマスターしていれば、なんとかなるものです。小さいボディながらも、とても頼りになる車だと改めて思った次第です。
 
今回のヤマザクラ探訪の旅では大活躍してくれたわけですから、慰労の意味も含めて、今度、時間をつくってきれいに洗ってあげたいと思います(実際、最近の活発な桜島の噴火活動で火山灰が車体には付着しています)。いつまた再び辺鄙(へんぴ)な場所に出動命令が出るかもしれないし......
 
ちなみにロケハンの結果ですが、ヤマザクラの正体はソメイヨシノではないかという説もあり、開花まではまだ時間がかかりそうだということが判明。結局この日は、空振りに終わりました。
 
20130307blog1.jpg
一本だけヤマザクラが咲いていました
 
しかし、「思わぬ収穫」もありました。道すがら、とても素晴らしい景観スポットを見つけたのです。それについては、できれば映像も交えて後日、詳しく紹介したいと思いますのでアップしましたらぜひご覧ください。
 
※本日の担当はMでした。
 

関連する記事

関連する記事
みなさん、こんにちは。   きもつき情報局

肝付町には古墳群や戦争遺跡など数多くの文化財があり、パン

春の味覚といえば一般的に菜の花やフキノトウ、春キャベツな

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2016.08.08
月曜日
肝付産の食材を扱う直売所が8月11日、新富地区の商店街にオープンします。 詳しくはこちらへ。
2015.05.14
木曜日
高山グラウンドゴルフ協会では、新規メンバーを随時募集しています。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。