本コーナーではコラムをはじめとして、きもつきを題材としたさまざまな読み物を用意しました。どうぞじっくり、ゆったりお楽しみください。
スタッフブログ
今そこにある「憂鬱」
2013.02.08(金曜日)     きもつき情報局
2月に入り、気にかかっていることがあります。
 
といっても、あのチョコレートと関係のある、あのイベントのことではないですよ。
 
そうではなくて、春、風、山、木とくれば、もうおわかりでしょう。ええ?まだわからない?わからないあなたはラッキーな方かもしれませんね。
 
答えは花粉症です。
 
20130208sugiyama.jpg
この美しい風景が春には憎らしい風景に
 
今年は立春早々に春一番が吹きました。気象台の発表によると、1979年にデータを発表し始めてからもっとも早く吹いたそうです。もちろん早く暖かくなるのは大歓迎ですが、同時に憂鬱(ゆううつ)になるのです。その憂鬱加減は、うららかな晴天の日にとりわけ強くなります。
 
私が花粉症を発症したのは一昨年のことでした。休日の昼間に外出し、ひどいくしゃみと鼻水の症状に見舞われました。耳鼻科を受診し、アレルギー検査を受けるまでもなく花粉症と診断されました。大量のスギ花粉が飛散したという2011年は新たに発症した人が多かったそうです。
 
環境省の花粉飛散予測では、今年の飛散開始時期は前シーズンよりやや早めとなっています。昨年の鹿児島での飛散開始日は2月16日でしたから、いわゆる「Xデー」は目前です。
 
ただこの飛散開始日というのがくせもので、あくまで本格的に飛散し始めたとされる日のことであり、実際にはその前から飛んでいるのです。そして確かにそれが感じられたので、今年も早めに「マスク生活」を始めました。
 
空気がきれいな肝付町ならば、たとえ山にスギの木が多くてもそんなにひどいことにはならないのではないかと期待しているのですが、なにしろアパートのベランダの真ん前にスギの木があるときては、それも期待薄かもしれません。
 
20130208sugi.jpg
雄花で赤茶色に染まったスギ
 
あいにく洗濯機がベランダに設置されているので、外に出ないわけにはいかないのが無念です。できるならば、花粉が侵入しないようにベランダをサンルームに改装したいくらいですが、賃貸アパートなのでまず無理です。
 
窓越しに雄花で赤茶色になったスギの枝先に恨みがましい目を向けては、早く全部飛ばされてしまえと日々念じています。今はただ時が過ぎ去るのをひたすら待つのみです。
 
※本日の担当はTでした。
 

関連する記事

関連する記事
肝付町に住み始めてから職場を除いて一番よく訪れる場所とい

肝付町に引っ越してきて、はや一か月が過ぎました。 &n

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2016.08.08
月曜日
肝付産の食材を扱う直売所が8月11日、新富地区の商店街にオープンします。 詳しくはこちらへ。
2015.05.14
木曜日
高山グラウンドゴルフ協会では、新規メンバーを随時募集しています。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。