本コーナーではコラムをはじめとして、きもつきを題材としたさまざまな読み物を用意しました。どうぞじっくり、ゆったりお楽しみください。
スタッフブログ
気になるお隣さん
2012.12.27(木曜日)     きもつき情報局
肝付町に引っ越してきて、はや一か月が過ぎました。
 
初めて暮らす土地での久々の一人暮らしですが、これといった問題もなく適応できているようです。
 
田舎の朝のBGM?!
 
鹿児島市内から田舎町に越してきて感じるのは、空気感の違いでしょうか。それをいちばんよく表しているのが、お隣さんです。
 
お隣さんといっても人のことではありません。黒牛のことなんです。
 
20121227ushi1.jpg
左が「男の子」で右が「女の子」のようです
 
この黒牛、アパートから道をはさんだ農家で飼われている牛で、朝方聞こえてくる「モォー」の声に「ああ、なんてのどかな」とリラックスした気分になれます。鹿児島市街地ではまずめったに「お耳にかかれない」音ですね。
 
この牛の鳴き声ですが、だいたい朝の6時半を過ぎたあたりから聞こえ始めます。7時を過ぎたころに一番よく鳴くようですが、日によって鳴く回数に違いがあります。
 
しばらくして、朝の鳴き声は朝ごはんの催促で、朝ごはんが遅いときやおなかがすいているときにだけ、よく鳴くのではないかと思うようになりました。7時半を過ぎたころにベランダから顔を出すと、食事に没頭している牛2頭の後ろ姿が見えます。静かに黙々と食べています。
 
旺盛な好奇心
 
休みの日の朝、散歩の帰りに牛小屋に近づいてみました。ちょうど食事中でしたが、2頭のうちの1頭がこちらに気づいて近寄ってきました。もう1頭も「なんだ、なんだ」と言わんばかりにやってきて、顔を並べてこちらをのぞいています。ベランダから見たときはわからなかったのですが、体の大きさからすると、どちらもまだ若い牛のようです。
 
20121227ushi2.jpg
好奇心たっぷりのまなざし
 
しばらく2頭と無言で見つめ合った後、一方的に話しかけてみますが、返事はありません。基本的には無口なようです。でも、大きな目でこちらをじっと見ています。どのくらい経てば見飽きられるのか、ちょっと気にはなりましたが、寒くなったので退散しました。
 
今朝も鳴き声が聞こえました。一声だけです。このところ気になっているのは、よく聞こえるこの鳴き声が2頭のうちのどちらなのか、あるいは交代で鳴いているのか、はたまた別の牛なのか、ということです。
 
近所にあるほかの牛小屋から聞こえる声とは明らかに違っていると思うのですが、専門家ではないので、細かな聞き分けはできません。いずれ肝付町での暮らしにすっかりなじむころには聞き分けられるようになっているかもしれませんね。ただ、そのときまで2頭がそこにいてくれるかどうかはわかりませんが......
 
※本日の担当はTでした。
 

関連する記事

関連する記事
実は、謝らなければならないことがあります。  

ここ数日、パソコンの画面上に住み着いた「もの」がいます。

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2016.08.08
月曜日
肝付産の食材を扱う直売所が8月11日、新富地区の商店街にオープンします。 詳しくはこちらへ。
2015.05.14
木曜日
高山グラウンドゴルフ協会では、新規メンバーを随時募集しています。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。