本コーナーではコラムをはじめとして、きもつきを題材としたさまざまな読み物を用意しました。どうぞじっくり、ゆったりお楽しみください。
スタッフブログ
セツばあちゃんに会いに行こう!
2012.10.28(日曜日)     きもつき情報局
先週金曜日、鹿児島市内に出張で出かけている間、まだ面識のない人たちから事務所に電話があったことを出張から戻った後、机の上に置いてあったメモ書きで知りました。
 
連絡をくれたのは近隣の市町にお住まいの二人の女性。内容はというと、(きもつき情報局に掲載されている)東セツさんの記事(「セツばあちゃんのステキな普通の暮らし」)に感動して「いつか、セツさんに会いたい」というものでした
 
なぜ、突然、そういう連絡が入ったかというとちょうどその日の朝、うちの理事長が地元の地域FMラジオの番組に出演した際(出張の途中、車の中で自分もそれを聴いていました)、セツさんのことをラジオで話したからなのです。それを聴いた人がきもつき情報局のウェブサイトにアクセスして、そこで記事を読み、連絡をくれたというわけです。
 
早速、お二人に今日(日曜日)の朝、お礼かたがた電話をしてみました。すると、メモ書きにも書かれていたとおり、記事にあったセツさんの生き方にいたく感動して、「機会があれば、ぜひ会いに行きたい」ということでした。
 
setsu-sanHDRwc.jpg
お二人ともそれぞれの立場で地域の活動に取り組んでいる方で、特に鹿児島弁を含む地域の文化を守っていきたいという強い意志のようなものを感じることができました。
 
お二人にとって、セツさんの物語が象徴しているのは、まさにそうした昔ながらの生き方、つまりは文化ということになります。その昔ながらの文化に触れたいということでしたので、喜んで出会いの機会をつくりましょうという話になりました。
 
まさに狙い通りの展開です。
 
つまり、きもつき(というか大隅全域)に残っていると思われる、昔ながらの暮らしや生き方を含む、日常に潜む宝物を掘り出し、それをきもつき情報局というメディアを使い、外部に伝えることにより、「ああ、あの人に会ってみたい」「ああ、そこに行ってみたい」という流れに結びつけたいという思いが、自分の中には当初からあったのです。
 
いわば、情報の流れから実際の人の流れを生み出すということです。というか、そうならなければ、こういう事業を展開する意味はないと思っています。情報だけ流れても地域の活性化にはつながりません。情報の後に人やお金、モノ、知識、技術という流れが生まれて初めて地域に意味のある刺激がもたらされるわけですから。
 
その意味で、今回連絡をくださった方々を近い将来、セツさん宅に連れて行くということは、そうした流れの第一歩ということになりそうです。
 
楽しい出会いになりそうで、考えるだけでもワクワクします。
 
それに加えて、今日、お二人の方には次のような問いかけもしました。
 
それは、セツさんもそうですが、近くに身寄りのない、いわゆる「独居老人」といわれる人たちを支援する仕組みができないか、ということです。自分にはそこまでの行動力はないのですが、たとえば、お二人に協力してもらい、独居老人を見舞うためのボランティア活動を組織できないかと考えています。
 
いえ、そんなたいしたことでなくてもいいのです。たとえば、ご婦人の組織に呼びかけて、月に一度、セツさんのような一人で住んでいるお年寄りの家に出向いてもらい、いっしょにお茶でも飲みながら、昔の話を聴くだけでもいいのです。
 
おそらく、普段一人で暮らしているお年寄りにしてみれば、たとえそれが月に一度の活動であったとしても、その日が来るのが待ち遠しいくらいになって、ある種の生きがいにさえなるのではないでしょうか。少なくとも単調な日々の暮らしに変化が生まれることは確かでしょう。
 
その意味で、それが立派な人助けになることは間違いありません。
 
そう考えると、今度の出会いを演出することは大事な仕事になりそうです。もちろん、そこまで話が発展しない可能性はあります。何も起こらないかもしれません。でも、こういうことは実際に動いてみないことには、頭の中だけで考えていてばかりいては、何も始まりません。
 
まずは、地域に対する思いというか「なんとかしたい」という思いのあるお二人をセツさんと引き合わせることから始めてみたいと思います。ひょっとすると、ひょっとすると、何かがはじけておもしろい動きが生まれるかもしれないですしね。
 
いったい何が生まれるのか――ほんと、楽しみです。
 
(^0^)
 
※東セツさんは2015年1月に永眠されました。ご冥福をお祈りします。 

関連する記事

関連する記事
英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2016.08.08
月曜日
肝付産の食材を扱う直売所が8月11日、新富地区の商店街にオープンします。 詳しくはこちらへ。
2015.05.14
木曜日
高山グラウンドゴルフ協会では、新規メンバーを随時募集しています。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。