本コーナーではコラムをはじめとして、きもつきを題材としたさまざまな読み物を用意しました。どうぞじっくり、ゆったりお楽しみください。
われら、きもつき人
きもつきで見つけた「桃源郷」に暮らす 前編
2013.07.09(火曜日)     きもつき情報局
肝付町南東部に位置する辺塚海岸は町内でもっとも美しい海岸として知られ、その透明感あふれる碧い海とまぶしいばかりの砂浜は「まるで南の島のビーチのようだ」と訪れる者を驚かせ、そして彼らの心をじんわり癒してくれる特別な場所です。

そんな絶景地に14年ほど前に都会から移り住み、夫婦水入らず、悠々自適な暮らしをしているのが今回の「われら、きもつき人」の主人公、平石承一郎さんと幸子さん夫妻(ともに78歳)です。

故郷を離れ首都圏に暮らす

二人が住む家は船間(ふなま)漁港から辺塚海岸に通じる細い道路脇にあり、まわりを緑や青といった自然の色が支配するなか、その鮮やかなオレンジ色の屋根が異彩を放っています。近くに辺塚集落があるとはいえ、一般的に見れば、かなり不便な土地です。近くに買い物をする場所もなければ病院もありません。

なぜ、二人は快適な都会での生活を離れて、そのような場所にわざわざ移り住んだのでしょうか。

20130709-1.jpg
見晴らし台に並んで座る平石さん夫婦

ともに旧・田代町(現・錦江町)出身で同級生だったという承一郎さんと幸子さん――大学入学とともに地元を離れた承一郎さんは、その後長年にわたり東京や横浜といった首都圏で働き、暮らしてきました。

白いあごひげを伸ばし、一見「仙人」のような顔立ちの承一郎さんが、故郷の大隅半島を離れて鹿児島市の高校へ進学したときのことを笑いながら次のように話してくれました。

「信号機のある交差点を渡れるかというのが一番の心配でしたね」

当時、田代には信号機がなかったのです。

医者になることを両親から期待され、大学進学時には医学部に合格したものの、医者になるのが嫌で、最終的には千葉工業大学に進み、工学の道を志すことになりました。在学中にはロケットの素材となる金属の研究アシスタントをするなどして研究に励んだといいます。

卒業後は東京の自動車部品工場に就職、25歳で昔から知っていた幸子さんと結婚することになり、2人の子宝に恵まれますが、まわりの人のすすめもあって承一郎さんは43歳のとき独立を決意、横浜で設計施工会社を起こします。

経営者ともなれば、技術分野だけではなく営業の仕事も手掛けることになり、承一郎さんは手当たり次第さまざまなジャンルの本を読み漁るようになったといいます。

「万人と話ができるようになりたかったからです」

つまり、営業で人と話をする際、だれに対しても話題が提供できるようになりたいと思ったからだそうです。

20130709-2.jpg
今なお好奇心のかたまりのような承一郎さん

「理想の暮らし」を求めて

なかでも特に関心を持ったのが古代中国の詩人、陶淵明の漢詩でした。その詩に触れたのは高校生のときの教科書に載っていたのが最初ですが、首都圏で最先端の技術にかかわる仕事をする一方で、陶淵明の思想に感銘を受け、いつかは陶淵明のように田舎に帰り、自然を感じる暮らしをしたいと思うようになったといいます。

そして、その「理想の暮らし」を実践するために選んだのが、この辺塚の地だったというわけです。

「淵明の『帰去来辞」にあるように、『帰りなんいざ』ですよ」

でも、承一郎さんはそれでいいとして、いっしょに暮らす幸子さんは反対しなかったのでしょうか。

「同窓会ではいつも『田舎に帰りたい』といっていましたから、目標を達成させてあげないと笑われると思って(思い通りにさせてあげることにしました)」

実際の鹿児島への帰郷は承一郎さんが大病を患ったことがきっかけでした。回復し、「まだ働きたい」という承一郎さんに幸子さんは「早く帰らないと地域の人にもなかなか受け入れてもらえないよ」とすすめたといいます。

結局、辺塚への移住が実現したのは今から14年ほど前の平成11年11月。「毎日朝日が拝めて、人がいない場所」をほうぼう探しまわったといい、今は「理想通りの生活ができていますよ」と辺塚を選んだことに大満足の様子です。

20130709-3.jpg
平石さん宅の庭から見える辺塚海岸

自然に溶け込む暮らし

平石さん夫妻の家では庭からはもちろん、部屋の中からも海が見えます。位置の関係で、海から朝日が昇るのは秋から春にかけての時期だそうで、その時期、承一郎さんは毎朝5時半に起きて掃除などをして体を動かしながら朝日を眺めるのを日課にしているそうです。

「夕日は物悲しい気持ちになりますけど、朝日は力をもらえるじゃないですか。毎年、元旦には風呂に入りながら朝日を眺めるようにしています」と朝日を拝むのが承一郎さんにとっての元気の源になっているようです。

20130709-4.jpg
ガードレールを利用して運動しながら海を眺める承一郎さん

故郷の田代にいる人からは「なぜ田代に戻ってこないのか」といわれたそうですが、「田代には海がないから」と辺塚を選んだことに躊躇はなかったとのことです。

ちなみに、理想の地を探し求めているとき、かつて暮らしていた土地の近く、伊豆のあたりを探してみたそうですが、ここぞという場所がなく、大隅半島の東海岸沿いの地域を探してまわったそうです。たまたま幸子さんと同じ集落出身の女性が辺塚に嫁いでおり、その縁で辺塚の地を訪れ、海の眺めと山の眺めの両方が気に入ったことから、この地に決めたのだといいます。(後編に続く)

関連する記事

関連する記事
「元気なよい牛を育てることが牛飼いの誇りですよ」――そう

もともとはエンジニアになりたかったんだけどねぇ――そうい

「いけんしたち、もう90歳じゃっでなぁ(どうしたって、も

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2017.10.20
金曜日
10月21日(土)に開催予定の高山やぶさめ花火大会が11月4日(土)に延期となりました。 詳しくはこちらへ。
2015.05.14
木曜日
高山グラウンドゴルフ協会では、新規メンバーを随時募集しています。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。