本コーナーではコラムをはじめとして、きもつきを題材としたさまざまな読み物を用意しました。どうぞじっくり、ゆったりお楽しみください。
世界ときもつき
8月1日、国際機関日本アセアンセンター主催、経団連、ジェトロ後援で「ASEAN共同体セミナー」~ASEANの歩んで来た道、これから作る道~と題する極めて有益なセミナーがあった。8月10日からはミャンマーの首都ネピドーでARF(ASEAN地域フォーラム)も開催されるところよりタイミングも良か
先日、経済産業調査会、産業人材研修センター主催で2014年版「通商白書」の説明会があり、参加した。その概要を参考までに下記ご報告したい。「通商白書」は我が国の対外経済政策に関する年次報告として昭和24年以来発行されているもので、本年で66回目の発行となる。 通商白書2014(PD
7月28日、東京で米コロンビア大学国際関係・公共政策大学院(SIPA)、ビジネススクール合同の会合があった。昨年、SIPA学科長に任命されたメリット・ジャノウ教授の来日を記念して開催されたものである。コロンビア大学は将来に備えてニューヨークのマンハッタンに新校舎や40の研究所を創設。21世
日本ビジネスインテリジェンス協会(BIS)を1992年2月日本に設立してから、本年2月で早くも23周年を迎えた。この間1回も休むことなく、隔月で情報研究会を開催、本年4月で133回の会合となった。22年間の参加者は累計で
4月23日から25日まで米オバマ大統領が国賓として駆け足で日本を訪問した。日本のあとは25~26日韓国、26~28日マレーシア、28~29日フィリピン訪問と1週間弱のあわただしいアジア歴訪だった。マレーシアについてはTP
日本ビジネスインテリジェンス協会の顧問として長年、御指導いただいている村田光平・元スイス大使、地球倫理システム学会常務理事は早くから原発の危険性を指摘し、「原発村」の問題について大使在任中より精力的に多くの著作を通じて世
調査報道で有名なイギリスのFinancial Times 紙は2013年10月30日号と12月14~15日付記事で、米国のNSA(国家安全保障局)が主導するThe Five Eyes(英語を常用する「5か国の目」~これは
2月22日からシンガポールで開かれていたTPP(環太平洋経済連携協定)交渉参加国閣僚会議は25日、「最終合意に向けてさらなる前進を果たした」との共同声明を出したものの実質的な妥結には至らないまま閉幕した。秋の中間選挙を意
(※以下は株式会社 財界研究所が発行しているビジネス誌「財界」2014年2月25日号に掲載された記事を同誌編集部の許可を得て転載したものです。ただし、写真を除きます。)重い雪にもしなって折れない竹小野田寛郎さん
2011年以来3年間10回以上にわたりBIS論壇(注)でTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)反対の論陣を張り、TPPの問題点を論じてきた。(注:中川先生が会長を務める日本ビジネスインテリジェンス協会のメンバー間で行われて
11月2日と3日の2日間にわたり福井で開かれた国際アジア共同体学会第7回全国大会において、同学会の副理事長を仰せつかっているところより、総合司会を務めることになった。福井といえば、岡倉天心の父、覚(勘)右衛門が福井藩出身
期待の新型ロケット「イプシロン」が2度の延期を乗り越えて、宇宙航空研究開発機構(JAXA)内之浦宇宙空間観測所から9月14日打ち上げられ、成功した。7年ぶりの打ち上げ再開に、東京でも関係者の注目を浴びている。10月14日
肝付町(旧高山町)出身で東京在住の中村敏矢氏が3か月に1回のペースで開催しておられる「仲良し会」という郷土史研究会があり、8月11日、同会とその後の懇親会に参加してきた。会場は後楽園にある旧水戸藩の由緒ある「函徳亭」。日
安倍政権はTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加に向けて国際関係で70名、国内関係で30名、総計100名の官僚を中心に準備を始めているという。このため、WTO(世界貿易機関)、APEC(アジア太平洋経済協力), 日中韓
人類は1万年前に「狩猟時代」から「農耕時代」に突入。定住が始まり、文化が生まれた。18世紀半ばには蒸気機関の発明で人類は「工業時代」に入り、生産性が飛躍的に高まった。20世紀半ばからコンピューターが実用化され始め、世界は
旧高山町(現肝付町)出身の中村敏矢氏は歴史愛好家で、郷里の歴史に思いをはせ、関東在住の鹿児島県出身の有志を集め、3~4か月に1回、大隅郷土史研究を目的とする「なかよし会」を主宰しておられる。「たとえ世界のどこに住んでいて
郷里、鹿児島県高山町(現肝付町)の大先輩、米盛幹雄さんが3月10日、急逝された。   ベンチャ-精神旺盛で、競争の激しい東京で官庁関係の出版社・時評社を設立し、成功された米盛さんは50年以上、出版情報界
私の人生で忘れ得ぬ方に、郷土の先輩・元自由民主党副総裁で官房長官や建設大臣、科学技術庁長官など自民党の数々の要職を歴任され、一時は首相候補にも名前が挙がった二階堂進先生がおられる。   40年前の197
大学2年生になったとき、友人から次のような話を聞いた。   「東大前の本郷追分町に鹿児島奨学会(元島津奨学会)運営の寮・同学舎があり、旧薩摩藩出身の大学生を奨学の一助として安い寮費で受け入れている。ただ
先日、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に関する講演会があり、参加した。   講師は国際政治経済を専門とする大学教授で、日本は早急にTPP交渉に参加しなければ、悔いを千載に残すと述べ、TPP賛成学者と
21世紀は空間的にはアジアの時代となり、経済発展の時系列的にはICT(Information Communication Technology=情報通信技術)の時代となる。さらに知識やサービス、ソフトの時代となり、知
米国の国家情報会議(National Intelligence Council) は2012年12月10日、『グローバル・トレンド(世界潮流) 2030 ― 別世界の出現(原題:"Global Trend 2030:
最近、高齢化、情報化時代の情報通信技術(ICT)について関心が高まりつつある。   統合基幹業務システム(ERP)やクラウド型のグループウエアのICTソリューションがそろい、海外進出などにも適用され、先
10月13日、中国全域の大学で「植物工場」を研究している大学教授30名が訪日し、千葉大学で環境健康フィールド科学センター、NPO植物工場研究会、国際教育交流コンソーシアム、株式会社みらい、アジア現代経済研究所、農林水
日本貿易振興機構(JETRO=ジェトロ)の「貿易アドバイザー」試験合格後、「貿易アドバイザー・国際マーケテイング試験」の出題委員長を長年務めていた関係で、ジェトロ主催の講演会や講習会の案内がばしば手元に届く。 &n
中学の桂教頭先生の勧めで、高山中学校から、創立2年目のラサール高校に3期生として入学した。好きな英語を活用し、世界で活躍したいとの思いで、東京外国語大学で英語に加え、イタリア語、スペイン語、フランス語、さらに経済学、
英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2016.08.08
月曜日
肝付産の食材を扱う直売所が8月11日、新富地区の商店街にオープンします。 詳しくはこちらへ。
2015.05.14
木曜日
高山グラウンドゴルフ協会では、新規メンバーを随時募集しています。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。