聴いて心がなごむ音や聴いて気持ちが落ち着く音など、きもつきのさまざまな音をお楽しみください。
サウンド・オブ・キモツキ
ある冬の日の田んぼ道にて
2013.02.15(金曜日)     きもつき情報局
2月にしては暖かい日差しが降り注ぐ冬のある日。田んぼ道に出てみると、あたり一面に響きわたる少し甲高い鳥の鳴き声が聞こえてきました。
 
ヒバリです。
 
 
ピーチク、パーチク、と、せわしなく鳴いています。
 
でも、その姿はなかなか見つかりません。
 
真っ青に晴れわたった上空にぽつんと黒い点のように見えるのがヒバリです。かなりの高さです。これでは容易に見つからないのも仕方ありませんね。
 
 
しばらくすると、上空で気持ちよさそうに鳴いていたヒバリが突然、急降下してきました。まるで戦闘機が攻撃をしかけるために急降下しているようです。
 
地上に降り立つと同時にさえずりはやみます。
 
一瞬、あたりに静けさが戻りますが、間もなくすると今度は別のヒバリが空高く舞い上がっていき、元気なさえずりを聞かせてくれます。
 
ちょっと首が痛くなるかもしれませんが、たまには空を見上げて、ヒバリの歌声に耳を傾けてみるのも悪くないかもしれませんね。
 
 
ちなみに調べたところ、そうやって空高く舞い上がって鳴いているのはオスであって、繁殖期に限った行動のようです。
 
一年中さえずりが聞こえるわけではないんですね。だったらなおさら、今こうして聞こえている間だけでも、それを楽しみたいと思います。
 

関連する記事

関連する記事
梅雨時の貴重な晴れ間の見える、ある満月の夜。 &nbs

ちょっと季節はずれではありますが、今回のサウンド・オブ・

きもつきのさまざまな音をお届けするサウンド・オブ・キモツ

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2017.08.05
土曜日
春陽会中央病院で「わくわく病院 お仕事 探検隊」の参加者を募集しています。
詳しくはこちらへ。
2017.08.04
金曜日
高山漁協の朝どれ市の開催は、8月・9月、中止となりました。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。