聴いて心がなごむ音や聴いて気持ちが落ち着く音など、きもつきのさまざまな音をお楽しみください。
サウンド・オブ・キモツキ
川上の川音
2013.11.11(月曜日)     きもつき情報局
肝付町のさまざまな音をお届けするサウンド・オブ・キモツキ。今回は山間の集落、川上で収録した川の流れの音をお届けします。 ご覧のとおり、ここでは木々の葉っぱが赤く色づいたものもあり、秋の訪れが感じられます。街中よりも気温が多少低いせいでしょうか。あまり秋らしい風景に遭遇することのない大隅半島
今回のサウンド・オブ・キモツキでは、以前フォトレポートでも紹介した内之浦地区にある西洋ミツバチの養蜂場で録音した羽音をお届けします。海と山に囲まれた自然豊かな養蜂場。そこに置かれているいくつもの巣箱のひとつひとつには何万匹もの働きバチがいるといわれていて、彼らは春の訪れとともに咲き始めた花
里山の水音
2013.06.07(金曜日)     きもつき情報局
自然がつくりだす音の中で、もっとも生命(いのち)を感じさせてくれるもの――その一つが水(の流れる)音ではないでしょうか。人間の進化に関する理論の一つにアクア説なるものがあります。人類の祖先が進化の過程で「水生生活に一時期適応することによって直立歩行、薄い体毛、厚い皮下脂肪、意識的に呼吸をコ
5月後半のある日曜の朝、緑の風景が広がる田んぼに出てみました。4月初めに植えられた稲の苗が順調に生長を続けています。例年よりも雨が少なかったと思われる今年の春、たっぷりの陽光を浴びて稲の生長もいつもの年より早いのかもしれ
2013年3月後半のある晴れた日、内之浦海岸を訪れました。   気温が20度近くあり、一気に春を飛び越えて、まるで夏のような陽気です。     真っ青な空とその空に浮
春の田おこし
2013.03.13(水曜日)     きもつき情報局
九州南部に位置するきもつきでは3月の声を聞くと、田植えの準備が始まります。   あたりの田んぼにトラクターがいっせいに繰り出し、田おこしの音が響き渡ります。   といっても作業の時間はごく
2月にしては暖かい日差しが降り注ぐ冬のある日。田んぼ道に出てみると、あたり一面に響きわたる少し甲高い鳥の鳴き声が聞こえてきました。   ヒバリです。     ピ
柏原海岸にて
2012.11.27(火曜日)     きもつき情報局
きもつきのさまざまな音をお届けする「サウンド・オブ・キモツキ」。   ちょっと季節はずれではありますが、今回は太平洋を望む志布志湾の南側に位置する柏原(かしわばら)海岸で今年(2012年)初夏に収録した
緑豊かな肝付町にはたくさんの滝があります。   清純の滝に轟(とどろ)の滝、片野の滝もあれば、万滝という滝も......滝めぐりだけでも立派なツアーができるほどです(そうした滝については順次ご紹介してい
ちょっと季節はずれではありますが、今回のサウンド・オブ・キモツキでは、初夏に録音した音をお届けします。 その音とは、梅雨時の田んぼに響き渡る水の音です。  
梅雨時の貴重な晴れ間の見える、ある満月の夜。   田んぼに出てみると、昼間には聞こえない、ある生きものの声が聞こえてきました。   カエルの鳴き声です。   夜の静寂の中でい
きもつきのさまざまな音をお届けする「サウンド・オブ・キモツキ」――第一回の今回は国の天然記念物に指定されている塚崎(つかざき)の大クスで収録した音をお送りします。   この大クスは樹齢1300年といわれ
きもつきのさまざまな音をお届けするサウンド・オブ・キモツキの第二回。今回は、第一回で紹介しました大クスのすぐ近くにある塚崎(つかざき)の池で収録した音をお楽しみいただきます。   この塚崎の池、本来は灌
英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2017.11.30
木曜日
国見の竹灯篭祭り「Tanochiku(楽竹)Night」が12月23日(土)に開催されます。 詳しくはこちらへ。
2017.10.20
金曜日
10月21日(土)に開催予定の高山やぶさめ花火大会が11月4日(土)に延期となりました。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。