古代から中世、そして日本の未来へと、きもつきにはみなさんの知的好奇心を満たす「何か」があるはずです。
きもつきレポート
内之浦でブリ「万越し」
2017.05.02(火曜日)     きもつき情報局
「ロケットのまち」といわれる肝付町内之浦は漁業の盛んな港町でもあります。

なかでもブリの定置網漁業は藩政時代から続けられているそうです。

20170502_utinouragyoko.jpg
晴天の内之浦漁港

昭和60年には、1万匹を超えるブリがとれ、内之浦漁協婦人部が市場でお祝いの踊りをするなど、大いににぎわったといいます。ちなみに、漁の様子などを寸劇仕立てにしたこの踊りは「万越し祝」として、地域の女性たちが20数年後に町民体育祭で再現したのをきっかけに、イベントなどで披露するようになりました。

20170502_2015011mangosibutai.jpg
郷土芸能フェスティバルの舞台で披露された「万越し祝」(2015.11.8)

そうした記念となるくらいの1万匹を超えるブリの豊漁、「万越し」が31年ぶりに今年4月にもありました。

水揚げしたのは内之浦漁協所属の定置網漁船第一昌徳丸です。

「万越しの言葉自体は知っていましたが、まさか夢にも思わなかったです」と話すのは同船の柳川拓哉漁労長。第一昌徳丸では、漁労長含む8名で漁をしています。

20170502_gyorocho.jpg
説明する柳川漁労長

当日はいつも通り、特に変わった様子もなかったそうです。定置網は水深40メートルほどの深いところにあるので、近づいただけでは、どのくらいの魚が入っているのかはわかりません。

網を引き上げるにつれ、「いつもと違う」ことがわかったそうです。

「大体は一度に500から600本くらい。多くて千本」というところに1万匹を超えるブリの姿。「ただただ驚きました」と柳川漁労長。

20170502_buri.jpg
船へ引き上げられるブリ(提供動画より抜粋)

通常の漁では、ひとつの半分ほどしか使わない魚倉ふたつを満杯にして、初日は3300本を水揚げしたそうです。4月8日までに、5日に分けて港へ運び、最終的には約1万200匹の水揚げとなりました。

20170502_gyosou.jpg
第一昌徳丸の魚倉(魚が入っている様子は動画でご確認ください)

「漁師は魚がとれないときもありますが、夢のある仕事だと思います。目標はやはりたくさん魚をとること。とれた魚を自分たちで販売し、ブランド化することを目指していきたい」と柳川漁労長は語ります。

今回は、この「万越し」の漁の様子を一部動画でもご紹介します。動画の素材は柳川さんの弟、隼太さんが第一昌徳丸に設置したカメラで撮影したデータを提供してもらいました。ぜひ御覧ください。


関連する記事

関連する記事
第30回国民文化祭・かごしま2015の一環として11月8日、

イセエビをふんだんに使った料理を参加店舗統一価格で味わえる「

肝付町内之浦地区の夏の風物詩「第22回うちのうらロケット祭り

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2017.11.30
木曜日
国見の竹灯篭祭り「Tanochiku(楽竹)Night」が12月23日(土)に開催されます。 詳しくはこちらへ。
2017.10.20
金曜日
10月21日(土)に開催予定の高山やぶさめ花火大会が11月4日(土)に延期となりました。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。