古代から中世、そして日本の未来へと、きもつきにはみなさんの知的好奇心を満たす「何か」があるはずです。
きもつきレポート
水ロケット全国大会で優勝誓う
2015.09.18(金曜日)     きもつき情報局
子どもたちを対象に宇宙と科学に関する教育実践活動や国際交流の実施している公益財団法人日本宇宙少年団(YAC)。全国に約140分団(団員約3000人)が登録されていて、肝付町にも、うちのうら銀河分団の名称で組織された団体があります。

YACは毎年、ペットボトル製水ロケットの全国大会を開催していて、今年は9月20日から石川県金沢市で開催されます。その大会にうちのうら銀河分団に所属する高山中学校1年生の市来優くんと皆倉寿紀くんが、8月に霧島市であった九州ブロック大会で好成績をおさめ、出場することになりました。

20150916_mizurokextuto1.jpg
全国大会へ出場する市来くんと皆倉くん(右から)

2人は同校理科教師で、同分団のリーダーでもある森田直樹教諭の指導を受け16日から水ロケットの試験発射を重ね、大会本番へ向け準備をしています。

放課後、作業場にしている職員室に集まって、ロケットの羽となるフィンづくりからはじめました。位置や角度などに注意して本体にフィンを取り付けていきます。
 
20150916_mizurokextuto2.jpg
水ロケットをいちから製作

「水の量や風向き、打ち上げ角度など、他にもたくさん考えます。これを怠ったら真っ直ぐ飛んでくれないので、さまざまなパターンを試して検証しています」

水ロケットが完成すると、運動場に移動し、ロケットの頭に付けるおもりの重さを変更しながら発射を繰り返し行って、飛距離や方向を検証します。

20150916_mizurokextuto3.jpg
何度も発射して飛行角度などを確認

優勝目指して頑張っている皆倉くんと市来くんは「ブロック大会で好成績を記録した勢いそのままに全国大会でも良い結果を残したいです。そして優勝賞品の相模原キャンパスツアーを獲得します」と力強く話していました。

大会は発射地点から60メートル先の目標定点とロケットの停止地点との距離を記録とし、出場者は最短距離を目指し、大会が用意した材料を使用して水ロケット製作に取り組みます。

関連する記事

関連する記事
イプシロンロケット打ち上げを目前に控えた8月24日、JAXA

国内唯一のロケット打ち上げ施設をもつ鹿児島県肝付町と同南種子

ロケットに使われる燃料を現在主流になっている石油系の常温燃料

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2017.11.30
木曜日
国見の竹灯篭祭り「Tanochiku(楽竹)Night」が12月23日(土)に開催されます。 詳しくはこちらへ。
2017.10.20
金曜日
10月21日(土)に開催予定の高山やぶさめ花火大会が11月4日(土)に延期となりました。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。