古代から中世、そして日本の未来へと、きもつきにはみなさんの知的好奇心を満たす「何か」があるはずです。
きもつきレポート
子どもたちの肩もみに大感激!
2014.06.02(月曜日)     きもつき情報局
「遠距離で暮らしていますから、孫たちからもこんな思いにさせてもらったことはあんまりないですよ。最高でした」といって、子どもたちの肩もみに大感激なのは肝付町大浦集落に住む益田ミエカさんです。

20140524_ohura_massage2.jpg
肩もみされて気持ちよさそうなミエカさん(左)

ミエカさんの住む大浦は、平家の落人伝説でも知られた町内で高齢化率がもっとも高い集落です。その人里離れた集落で5月24日、地域のお年寄りと肝付町立国見小・中学校の児童生徒との初めての交流会が開かれ、お年寄りに子どもたちから肩もみや手のひらマッサージなどがプレゼントされました。

地域のお年寄りに元気を

同交流会は町社会福祉協議会が主催したもので(共催:後田地区公民館および町地域包括支援センター)、午前10時過ぎに会場となった大浦の交流研修センター(元大浦小・中学校)にバスで到着した8名の児童生徒はさっそく昼食の準備に入り、この日のメインの料理となるトン汁づくりに取り掛かりました。

20140524_ohura_food.jpg
昼食の準備をする国見の子どもたち

準備が進むなか、大浦集落のお年寄りが次々に会場に到着。お昼前にはみんなそろっての楽しい昼食が始まりました。メインのトン汁に加えて、炊き込みご飯、そして大浦の人たちが持ち寄った梅干しやラッキョウ、たくあんなど手づくりの料理が並びます。

普段は一人で食事をするお年寄りもいて、みんなで食べるお昼ご飯の味は格別なようです。

20140524_ohura_eating.jpg
自然と笑みがこぼれてきます

実はこの日は種子島宇宙センターからH2Aロケット24号機が打ち上げられる日で、打上時刻の午後12時5分前には昼食を中断して、全員が会場前の見晴らしのよい場所に移動し、ロケットの発射を待ちました。

20140524_ohura_rocket.jpg
みんなでロケットの打ち上げを見学

ところが、その時間になっても何も見えず、音も聞こえなかったので「あれ、打ち上げは中止になったのだろうか」と思っていると、子どもたちのうちの一人が叫びました。

「あっ、見えた!」

その声に促されるかのように海の向こうに浮かぶ種子島の方角を目を凝らして見ると、確かに白い一本のロケット雲があります。そして、その先端部分に赤く輝きながら上昇するH2Aロケットが見えてきました。感動の瞬間の共有です。

特別ゲストといっしょに体操

打ち上げを見終わってから会場に戻り、昼食を終えると、お待ちかねのレクリエーションタイムです。子どもたちから肩もみと手のひらマッサージのプレゼントがあったほか(ただし、人数の関係で事前のくじ引きで当たった人が対象)、子どもたちが考案したクイズもありました。

20140524_ohura_handmassage.jpg
気分はサイコー!

さらにこの日の交流会には、特別ゲストとしてベルギーのブリュッセルからやってきたプロのダンサー、タレク・ハラビーさんも参加。「何か健康に役立つ体操があれば教えてください」とのリクエストに応えて、上半身を使った体操を披露し、それに合わせてお年寄りや子どもたちが身体を動かしていきました。

肝付町在住のコンテンポラリーダンサー、JOUさんの誘いで今回の交流会に参加したハラビーさんですが、初めて訪れた日本の、そして鹿児島の田舎の集落で、地域の人たちや子どもたちと交流できてうれしそうです。

20140524_ohura_tarek02.jpg
みんなに体操を教えるハラビーさん(中央)

今回初めて大浦を訪れたという国見小学校3年生の松山和子(わこ)さんは、「すごく楽しかったです。私は田舎が好きなので、将来はこんなところに住みたいです」と話し、短い滞在とはいえ、大浦をかなり気に入ったようです。

また、交流会に参加した14名ほどのお年寄りも大満足の様子で、益田ミエカさんは「普段はこうやってみんなで集まる機会がありませんので、とても貴重な時間です。子どもたちが来てくれると、この集落に子どもがいたころを思い出し、なつかしい気持ちになりました」と、集落に子どもたちがやってきてくれたことを心からよろこんでいました。

20140524_ohura_groupshot.jpg
最後はみんなで記念撮影

こうして楽しい食事会や子どもたちからのプレゼント、特別ゲストによる体操などで盛り上がった交流会も午後2時には終了。最後に記念撮影した後、バスに乗り込んで国見に戻る子どもたちを大浦の人たちが名残惜しそうに見送り、別れを告げたのでした。

関連する記事

関連する記事
梅雨の晴れ間が広がった6月27日、平家の落人伝説でも知られる

肝付町で高齢化率ナンバーワンの大浦集落とナンバースリーの一ツ

目の前に美しい海が広がり、背後には国見の山が迫る海沿いの地区

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。