古代から中世、そして日本の未来へと、きもつきにはみなさんの知的好奇心を満たす「何か」があるはずです。
きもつきレポート
南の国で3月に雪山登山!
2014.03.13(木曜日)     きもつき情報局
ただでさえ積雪自体が珍しい南国のきもつきですが、本格的な春を間近に控えた3月初旬に山間部限定で雪が積もった日がありました。その積雪のあった日の翌日、3月10日にはその様子をフォトレポートで紹介しましたが、ちょうどその日に町民レポーターの有村哲郎さんは雪山の登山をしていました。

その時の様子を前回の鬼火焚きに引き続き、有村さんが撮影した写真とともにレポートします。どうぞご覧下さい。

3月9日は恒例の照葉樹の森トレッキングです。昨夜来の雨も上がり、今日のコースは森の滝めぐり。朝8時、現地集合場所に着くと、何と遠くの山が雪で真っ白!。エーッ何これ!。昨夜の山には雪が降っていたのです。

20140309_yukiyamatozan2.jpg
このとおり南の山も雪景色

この日の滝めぐりは雪や氷の足場の悪さを考慮して、急きょコース変更となりました。まず、中腹の照葉樹の森ビジターセンターをめざして車道を歩き始めました。

ビジターセンター周辺では積雪15㎝とのこと。天気がいいので真っ白な雪が朝日に輝いて素晴らしい景色です。ガイドの記憶でもこんな雪景色は何年か前にあったかなぁ・・・と。

20140309_yukiyamatozan3.jpg
車道を歩いてビジターセンターを目指します

南国生まれの参加者たちは雪道の経験がとぼしいため、雪に足を取られたり滑ったり悪戦苦闘です。でも子供に返ったみたいにワーワーキャーキャーとにぎやかなこと!

2時間かけてやっとビジターセンターに到着し、温かいお茶とコーヒーで弁当を食べた後、そこからいよいよ登山道に入りました。

20140309_yukiyamatozan1.jpg
雪に埋もれた登山道

雪はますます深くなり、足にはこたえますが、あまりの景色の美しさに疲れも吹っ飛びます。

そこでは、2月の半ばから息吹き始めていたセンリョウやキイチゴの花のつぼみが雪をかぶっても可憐に咲いています。倒れた朽木の下からは何と天然のシイタケが生え、日の当たるところでは雪を割って福寿草が顔をのぞかせています。椿も雪の中で一段と映えていました。

20140309_yukiyamatozan4.jpg
シイタケ
  
20140309_yukiyamatozan5.jpg
福寿草

稲尾岳の途中の尾根に到着し、そこから引き返し、険しい山道を下り、林道に出て辺りを見ると、朝方あんなに真っ白な雪山が何ともとの緑の山に代わっているではありませんか、

さすがに南国、枝にはまだ多少の雪は残っているもののわずか半日で雪は溶けていました。一夜のいや半日のはかない夢でした。


関連する記事

関連する記事
2014年3月9日の日曜日、朝起きて外に出た人の多くが眼前に

肝付町における新年の幕開けを告げる行事の中で、もっとも勇壮と

子どもたちに川遊びの機会を提供し、河川に親しんでもらおうとさ

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。