古代から中世、そして日本の未来へと、きもつきにはみなさんの知的好奇心を満たす「何か」があるはずです。
地域ニュース
朝獲れの地魚を直売~ロケット朝市
2015.12.25(金曜日)     きもつき情報局
内之浦湾沿岸で水揚げされた新鮮な魚介類を販売するロケット朝市が12月20日、内之浦漁協市場で開催されました。
 
20151220_asaichi1.jpg
朝市が開催された漁協市場

今回で4回目を迎えるこの朝市は、「地元でとれた魚をこの地から発信したい。地域活性化につなげたい」との思いから始まったもので、この日の朝に獲れた新鮮な海の幸が直売で提供されます。

ミズイカやアジ、カマス、金目鯛などが市場価格よりも格安で購入できるとあって、開始時間の午前9時前には販売ブースの前に長蛇の列ができ、買い物客らは持参したクーラーボックスを内之浦の地魚でいっぱいにしていました。
 
20151220_asaichi2.jpg
多くの買い物客で賑わう朝市

他にも野菜や果物、加工品などの販売ブースも設けられ、それぞれのコーナーで買い物をし、スタンプを集めて参加する抽選会もあり、野菜や鮮魚、加工品とさまざまな品を購入している人もいました。
 
20151220_asaichi3.jpg
イカ入り魚肉ソーセージを販売するブース

また150食限定で無償提供されるブリのふるまい汁やカマスの塩焼きも好評で、買い物を終えた来場者らは、味噌仕立てのあたたかい汁を美味しそうにすすっていました。
 
20151220_asaichi4.jpg
会場に設置された椅子に座ってふるまい汁を堪能する来場者

鹿屋市から買い物にきた80代の女性は「今日は、活魚のタイを購入しました。さっきまで生きていた新鮮なものです。今夜お鍋にしていただきたいと思います」と嬉しそうに話していました。

関連する記事

関連する記事
今年(2012年)8月以来の観測ロケット打ち上げを

肝付町の内之浦漁港で8月13日、とれたての新鮮な魚などを販売

とれたての鮮魚を卸値価格で販売する第2回内之浦ロケット朝市が

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2017.08.05
土曜日
春陽会中央病院で「わくわく病院 お仕事 探検隊」の参加者を募集しています。
詳しくはこちらへ。
2017.08.04
金曜日
高山漁協の朝どれ市の開催は、8月・9月、中止となりました。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。