古代から中世、そして日本の未来へと、きもつきにはみなさんの知的好奇心を満たす「何か」があるはずです。
地域ニュース
道隆寺の歴史語り継ぐ歌碑建立
2014.11.19(水曜日)     きもつき情報局
鎌倉時代に開かれた道隆寺の歴史を後世に語り継いでいこうと肝付町新富(本城)の同寺跡に歌碑が建立され、その除幕式が11月9日に行われました(道隆寺について詳しくはこちらをご覧ください)。

20141109_doryujijomaku.jpg
歌碑の除幕

地元有志の呼びかけで町出身者を中心に県内外の582名から集まった寄付によって建てられた歌碑には、故・大岳水一路さんの俳句と歌人の東郷良子さん、柳元妙子さん、郷土史家の竹之井敏さん、肝付家当主夫人の肝付テルヨさんの短歌が刻まれています。これらの俳句や短歌は道隆寺やその整備・発掘の苦労をしのんで詠まれています。

20141109_doryujioozei.jpg
式には多くの人が集まりました

式には短歌グループのメンバーなど町内外からおよそ80名が参加、なかには初めてこの場所を訪れた人もいて関係者から紹介される道隆寺の歴史や発掘の経緯などに興味深く聞き入っていました。

20141109_doryujikinennsatsuei.jpg
歌碑の前で記念撮影する福谷さん(右)ら

寺跡の土地の所有者で、歌にも詠まれた福谷平さんは「1人ではできることではありません。みなさんの協力があったからこそこうして整備され、歌碑も建てられました」と語り、人々の協力に感謝を述べていました。

関連する記事

関連する記事
町の歴史について語り合う「肝付歴史茶話会」が肝付町高山麓の日

朝方に強い雨が降った11月25日の昼過ぎ、1台の観光バスが肝

「とにもかくにも、それだけ大覚禅師が偉かったということです」

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。