古代から中世、そして日本の未来へと、きもつきにはみなさんの知的好奇心を満たす「何か」があるはずです。
地域ニュース
韓国舞踊が内之浦中にやってきた!
2014.06.16(月曜日)     きもつき情報局
肝付町の内之浦中学校に5月30日、世界的に活躍している韓国のイ・ソンギョン舞踊団(代表:イ・ソンギョン)が来校し、生徒や地域住民の前で長い歴史のなかで脈々と受け継がれる伝統の舞を披露しました。

20140530_kankokubuyou1.jpg
講堂で行われた舞台発表

今回の舞踊披露は、平成16年の内之浦銀河アリーナ落成記念の地区文化祭に出演したイ・ソンギョンさんが当時のホームステイ先だった内之浦在住の加藤夕さんと交流を続けていて、「10周年の節目に内之浦の人たちに何か恩返しがしたい」と申し出たことから、実現したものです。

会場となった内之浦中学校の講堂には、同中生徒の他にも地域住民や他校の生徒、児童などが集まり、来校したイさんと団員のイ・ハンソルさんを温かく迎えました。

この日は、韓国伝統舞踊の真髄といわれる「スンム」や、琴によく似たかたちの韓国の伝統楽器カヤグムを使った歌唱などを披露し、ゆったりとした動きやメロディからテンポが多様に変化する独特の世界に来場者をいざないました。

20140530_kankokubuyou2.jpg
スンムを披露するイ・ハンソルさん
 
20140530_kankokubuyou3.jpg
華麗な舞で魅了するイ・ソンギョンさん
 
20140530_kankokubuyou4.jpg
カヤグムを使った歌唱

また、2人に対して、生徒から合唱のプレゼントもあり、イ・ソンギョンさんは「お互いの言葉はわかりませんが、心は通じたと思います」と話し、生徒の発表をじっと見つめていました。

20140530_kankokubuyou5.jpg
 2人の前で合唱を披露する生徒

同中3年生の上久木田沙紀さんは「ゆったりとした舞やきれいな楽器の音色に引き込まれ、とても良い思い出になりました」と話し、初めて見る韓国舞踊に感動した様子です。

関連する記事

関連する記事
袴を着て日本刀(居合刀)や舞扇を使い、詩吟に合わせて踊る吟詠

今年で8回目となる肝付町総合文化祭が11月2日と3日の二

肝付町立内之浦中学校の1年生14名が、5月21日から一泊二日

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。