古代から中世、そして日本の未来へと、きもつきにはみなさんの知的好奇心を満たす「何か」があるはずです。
伝統文化紹介
2016流鏑馬 安全祈願し練習開始
2016.09.07(水曜日)     きもつき情報局
10月16日(日)に行われる高山流鏑馬に向けて、旧国鉄大隅線の線路跡での練習が9月5日に始まりました。当初、前日の4日に予定していましたが、台風の影響により、延期されました。

当日の夕方、射手と後射手(前年の射手)、その家族や高山流鏑馬保存会会員ら関係者が集まり、練習の安全を祈願する神事が行われました。

今年の射手は高山中2年生の近藤祐生璃(ゆうり)君。射手に決定してから夏休みの間、神馬と触れ合い、その背に乗る練習をしてきました。

20160906_hayabusato.jpg
練習前に神馬・はやぶさ号にあいさつする祐生璃君

神事が済むと早速、練習開始です。

父親の近藤雅彦さんが、後射手の父親の増田清文さんに習いながら、場を清めるための真砂をまく後ろから、「馬場ならし」として約200メートルの距離を騎乗して往復します。

20160906_masago.jpg
真砂をまく近藤さん(右)

その次は両手を上げて、手放しでの騎乗の練習です。この体勢は不安定な上に腕もきつく、なかなか大変です。保存会会員や後射手の増田啓吾君からアドバイスをもらいながら練習が進められます。

20160906_tebanashi.jpg
手を上げて姿勢を保つのはなかなかきついものです

練習が終わると、祐生璃君が神馬に人参を与えてねぎらいます。人馬一体となることを目指し、神馬との信頼関係を築くことも重要です。

祐生璃君は集まった人々に向かいお礼を述べ、「手を放しての練習は初めてです。手をあげているのはきついですが、みなさんからいわれることをしっかり守って本番に挑みたいです」と意気込みを語りました。

20160906_ninjin.jpg
神馬とのふれあいも大切

また、後射手を務める啓吾君は「ちゃんと教える力を身につけてサポートしていきたい」と話し、あらためて心構えをしている様子でした。

20160905_atoite.jpg
後射手の啓吾君

関連する記事

関連する記事
肝付町の四十九所神社に伝わる流鏑馬。約900年の歴史があり、

肝付町の四十九所神社参道で行われる流鏑馬は900年以上の歴史

肝付町で10月18日に行われる流鏑馬神事を目前に控え、今年の

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2017.04.11
火曜日
春のえっがね丼祭りが4月22日(土)~30日(日)に開催されます。 詳しくはこちらへ。
2016.08.08
月曜日
肝付産の食材を扱う直売所が8月11日、新富地区の商店街にオープンします。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。