古代から中世、そして日本の未来へと、きもつきにはみなさんの知的好奇心を満たす「何か」があるはずです。
伝統文化紹介
やぶさめロード 12 最後の練習
2012.10.19(金曜日)     きもつき情報局
9月3日から続けられてきた今年のやぶさめに向けての練習も本番の3日前にあたる10月18日、とうとう最後の日を迎えました。
 
生まれて初めて馬というものに乗ってから約1ヶ月半。射手の益山麗斗君の成長には目をみはるものがあります。しっかり馬を乗りこなしているのはもちろんのこと、馬上から矢で的を射る技術も進歩し、的に当たる確率も確実に上がってきています。
 
これまでの練習を振り返って、麗斗君に、いちばん苦しかった時期を聞いてみました。すると「半ばがいちばんつらかったです」という答えが返ってきました。
 
今年初めてやぶさめに登場する新馬のはやぶさの走るスピードが速いため、何度も振り落とされる場面がありましたし、いろいろな意味で、そのころがいちばん大変だったのだと思われます。
 
でも、そうしたつらい時期を乗り越え、立派に射手として成長しました。そして、今度の日曜日(21日)にはついに本番を迎えることになります。
 
麗斗君の祖父で高山流鏑馬保存会の益山瞬一会長にとっても心配な日が続いたことでしょう。しかし、大きな事故もなく、最後の練習を迎えられたことだけでも「最高でした」と益山さんはいいます。また、この1ヶ月半で麗斗君が見せた成長にも満足そうです。
 
さまざまな人たちのさまざまな思いのこもった最後の練習。どうぞご覧ください。
 
 

関連する記事

関連する記事
やぶさめにとってなくてはならないもの。その一つが馬です。

約900年の伝統を誇る高山やぶさめには数多くの道具がかか

これまでお伝えしてきたとおり、肝付町の高山地区に伝

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2019.04.01
月曜日
高山漁協恒例の朝どれ市が4月20日(土)に開催されます。 詳しくはこちらへ。
2019.03.28
木曜日
平成最後の「春も!えっがね祭り」が4月20日(土)~30日(火)まで開催されます。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。