豊かな自然と長い伝統と歴史を誇るきもつきには、さまざまな楽しみ方があります。ここではそんなきもつきの楽しみ方をご紹介します。
お気に入りスポット紹介
「幻の滝」金滝を求めて
2012.12.20(木曜日)     きもつき情報局
きもつきのステキな場所を紹介する「お気に入りスポット紹介」。3回目の今回は、肝付町後田(うしろだ)に住む農業、平野利昭さんお勧めの金滝を紹介します。
 
この金滝は、平野さんによると、地元の人でも知っている人はごくわずかという「幻の滝」なんだそうです。いったいどんな滝なんでしょうね。早速平野さんの案内で、その金滝を見にいきましょう!
 
(※すぐに動画で見たいという方は下のビデオの開始ボタンを押してください。その前に文章と写真からという方は、ビデオの下の部分をご覧ください。)
 
 
金滝があるのは、国見山の山中です。ただし、山の中といっても、それほどアクセスが悪いわけではありません。肝付町高山地区と内之浦地区を結ぶ国見トンネルを高山側から上っていって、トンネルの左手前につくられた道路を少し上ったところに入り口があります。ちなみに、この道は国見山山頂付近のレーダー雨量観測所につながっています。(地図は記事の最後にあります。)
 
ただし、入り口付近に設けられた木製のプレートが示しているのは「万滝入り口」。そこはあくまで町の地図にも載っている万滝の入り口であって、金滝への入り口でもあるという事実を把握している人はほとんどいないといっていいでしょう。から町民も知らない「幻の滝」なのです。
 
それはともかく、車を道路脇に停めて山の中に入って行くと、普段は人が通らないために道らしきものはありません。平野さんの案内で、ひたすら山中を歩いていきます。
 
リュックのほかにカメラとビデオカメラの両方を持っているので、木の枝が伸びているところや急勾配のところでは難儀します。また、上ったのが11月の初めで山の中は少しひんやりとしていますが、身体中から汗が吹き出てきます。けっこうしんどいです。
 
forest.jpg
山の中にはこうした美しい光景が広がっています
 
それでも、まだ見ぬ幻の滝を見たいという意気込みにはまったく衰えはありません。また、その行程を記録に残そうという気持ちにも変化はありません。ただひたすら、先導する平野さん、そして今回平野さんを紹介してくれた武下先生についていくだけです。
 
climbingdown.jpg
このとおり勾配がきついところもあり、楽ではありません
 
途中、われわれの目を引いたものがあります。それは昔このあたりで盛んだったという炭焼き窯の跡です。最初に見つけた窯跡近くには当時の炭焼きの様子を収めた写真とともに立て札があり、それには「国策工業炭は昭和二十五年頃迄製炭」と書かれています。
 
charcoalfurnace.jpg
炭窯の跡
 
 
charcoal-photo.jpg
かつては「普通」だった炭焼きの風景を収めた写真
 
 
charcoal-sign.jpg
昭和25年といえば今から60年以上も前のことです
 
平野さんによれば、炭焼きが盛んだった頃にはそれで財をなした人が珍しくなく、このあたりの集落は裕福な集落として知られていたということです。炭焼きがなくなってしまった今となっては、想像すらできません。おそらくそうした変化は急激にやってきたのではないでしょうか。そして、裕福だった人たちも山を下りていき、次第にだれもいなくなってしまったのでしょうね。
 
ボブ・ディランの歌に「時代は動く」という曲がありますが、まさにそんな感じです(この歌の歌詞はこちらでご覧いただけます。つくられてから何十年が経ちますが、今の時代にもまったく色あせない内容です)。時代によって繁栄するものもいれば、すたれていくものもいる――昔の炭窯を見ながら、そんなことを考えてしまいました。
 
さて、上り始めて20分ほどで「最初の滝(滝の一段目)」に到達しました。滝といっても「滝」と聞いて一般に想像する豊かな水量の豪快な滝とは違って、どちらかというと川の流れに近いものです。秋は雨が少なかったので、そのせいで水量が少ないのかもしれません。
 
firststage.jpg
大きな岩に自然のパワーを感じます
 
しかし、圧巻だったのは水ではなく、その水が流れるところ、つまり岩盤です。出発前に平野さんが説明してくれたとおり、この金滝のすごさは、滝の岩盤が巨大というか長い一枚岩でできているという、その事実にあるのです。
 
500メートルなのか1キロなのか、それは正確には測っていませんのでわかりませんが、感覚的には1キロといっても差し支えないほど長くて大きな岩の上を水が流れているのです。
 
ontop.jpg
「一段目」の滝の上部からの眺め
 
 
sideview.jpg
側面には巨大な一枚岩があります
 
普段だれも訪れない場所だけあって、本物の自然の中にいるという感覚がわいてきます。どう表現すればいいのでしょうか。ピュア(純)な自然のまっただ中にいるという感じでしょうか。
 
そんなピュアな場所に立つと人間というのは、自然と祈りたくなるようです。平野さんと武下先生が大きな岩の上に立ち、目の前に伸びる金滝に向かって拝礼を始めました。昔の日本人もまったく同じような気持ちで、自然の中に入ると、祈りをささげていたのだろうと思います。その点は今も昔も同じなんでしょうね。
 
さぁ、祈りが終わったところでまだ先を目指すことになりました。平野さんによると、この「一段目」に続いて「第二段」「第三段」があるというのです。それには、冒険心たっぷりの武下先生が、その冒険心をくすぐられたようです。まっ先に歩き出し、われわれを先導してくれます。
 
先が細くなり、水量もさらに少なくなってきてはいますが、下の段とはまた異なる美しさが目の前に現れてきます。二段目、三段目ときて、さらに神秘的な雰囲気が強まっていくようです。
 
secondstage.jpg
人間が本当に小さく見えます
 
もう少し上を目指そうか――そういう思いもあるにはあったのですが、結局、今回の金滝を求めての旅はここで終わることになりました。上りがきつくなってきていましたし、多少の疲れもあります。それにこの日は、金滝以外にも訪れてみたい場所がありましたので、下山することにしたのです。
 
falls1.jpg
自然がつくった造形美にただうっとりするだけ
 
 
falls2.jpg
絵葉書に出てきそうな風景が目の前にあります
 
 
falls3.jpg
また夏に来て水の中に入ってみたいものです
 
下山でもまた、道なき道を歩いていきます。上りの道とは違うルートをとっているようです。途中「迷ったかな?」と思う場面もありましたが、なんとか入り口に無事たどり着くことができました。
 
相変わらず身体中から汗が吹き出ています。時計を見ると、出発してから2時間半ほどが経っていました。もっと長い間山の中にいたような気がしますが、思ったほどではなかったようです。まさか、山の中では時間の感覚が変わってくる?!そうかもしれませんね。
 
fallenleaves.jpg
紅葉が美しかったです
 
というわけで、今回の金滝を求めての旅は無事終了したわけですが、いちばん強く印象に残ったのは、やはり、金滝とそれを包み込む自然が持つピュアなパワーというか雰囲気といえばいいでしょうか、それでした。心が洗われる純粋さ、ともいえるかもしれません。
 
とにかく、人の手によって汚されていない自然が持つ原始的な、あるいは自然な癒しの力といえるかもしれません。それに触れられたことが今回の旅の最大の収穫だったといえそうです。
 
また、途中で見た数々の炭窯からは時代の変遷についても深く考えさせられました。時代が変わってしまえば、今栄えているものもあっという間にすたれ、逆に今苦しんでいるものであっても、何かのきっかけで時代がそれを求めることもある――そんなことを考えさせられたのでした。
 
streamview2.jpg
どこまでも続く岩盤
 
けっこうきつい道のりでしたので、万人に勧めるわけにはいきませんが、自然が好きな人、滝が好きな人、自然の癒しの力を求めている人、そんな人たちにはたまらない場所といえるかもしれませんね。
 
いつか平野さんに頼んでツアーを組んでもらおうと思っていますので、そのときが来たら、しっかりお知らせしますので、興味のある方はぜひご参加ください。早ければ春、もしくは夏には一度そういうツアーを組んでみたいものですね。
 
それでは次回もまた、きもつきのステキな場所を紹介しますので、ぜひご覧ください!
 
 

関連する記事

関連する記事
先日、セツばあちゃんの家に行った際、近くの山に上ってみま

きもつきが一年でもっとも美しく輝くとき――それはちょうど

きもつきのステキな場所を紹介する「お気に入りスポット紹介

英語版ポータルサイトです
ポータルサイトを運営しているNPO法人のホームページです。

きもつき情報局で撮影・制作した動画をお楽しみください。
2017.11.30
木曜日
国見の竹灯篭祭り「Tanochiku(楽竹)Night」が12月23日(土)に開催されます。 詳しくはこちらへ。
2017.10.20
金曜日
10月21日(土)に開催予定の高山やぶさめ花火大会が11月4日(土)に延期となりました。 詳しくはこちらへ。
   
※このランキングは過去1か月以内のものです                       

肝付町の地域おこし協力隊メンバー5名によるブログです。